デリバリーヘルス レディースコレクション
  1. TOP
  2. エッチな体験談
  3. 忘れられないデリ嬢との話

忘れられないデリ嬢との話

とあるデリ嬢との幸せな毎日!少し泣けちゃう切ない体験談です

デリヘルを呼ぶきっかけ

今から10年くらい前の話です。会社からの指令で単身赴任。
会社からマンションを用意されたのですが、繁華街も近くなかなかの広さだったこともありよくデリヘルを利用していました。
繁華街が近いからなのかよくデリヘルのチラシが入ってたんです。
当時ポータルサイトも充実していたので、チラシの店に飽き、デリヘル探しに困ったらポータルサイトで検索していました。
その中でも、少し高めなのですが女の子の質がいい有名店がお気に入り。
指名をせずにフリーで利用することが私の決まりで、誰が来るのかドキドキするあの感じが大好きでした。
分かって下さるデリヘル愛好の方がいらっしゃることを願っています。

その日もフリーでお願いしたのですが、なかなか女の子が来ない。
そこでお店に電話をしてみると、今電話をしようと思った。そのマンションに知り合いがいて急遽NG。違う子を派遣しますとのことだった。
よく使っていたのもあったのか、人気ナンバーワンの子を用意しましたと言われたのでありがたく待った。
プロって感じでいい思いをさせてもらったよ
そこから、NGなんてこともあるのかと自宅に呼ぶこともやめ、お気に入りの店も変えました。
なんとなくですが、潮時かなって思ってましたし、よさそうなお店を見つけていたんです。

出会い

そのお店を何回か利用したとき、ドストライクの女の子がやってきたんです。
名前はみか。スレンダーな体型に手におさまるほどよい乳房、愛くるしい笑顔と人懐っこい性格、テクニックもありとても気に入りました。
それから何回か指名したのですが、相性がいいのかどんどん仲良くなり店外で会うようになりました。
もちろん出会いがデリヘルなんで体の関係もありました。関係をもつたびにお金を渡していましたが…
そしてある日、自宅でNGが出た話をしたんです。そしたらみかが「それ私だよ」というのです。
あれから店を変え出会ったのがNGを出した客の私。なんか縁というか運命を感じてしまいました。
そこから急激に仲は深まり、私の自宅に入り浸るようになりました。
二人で大人のおもちゃを買いに行って子供のようにはしゃぎながらプレイで使う、SMやアナルなどプレイと言われるものはみかと全部試しました。
仕事終わりのみかが私のベッドで寝ているなんてよくあること。たまにご飯を作って待っていてくれたりと、みかがいる生活が当たり前になっていました。
実は私には妻がいたのですが、完全にみかをすきになっていました。
みかも同じ気持ちだったと思います。
テレビをみているときも体を密着させてきたり、足を絡めたり、エッチのときキスを異様に求めてきたり。
そんなみかが愛おしくて愛おしくて仕方がありませんでした。
いつしかみかにお金を渡してエッチすることもなくなり、普通の恋人のような関係でした

突然の別れ

ある日突然会社から本社に戻っていいと言われた。
そう、妻が待つ自分の家へと帰らなくてはならなくなったのだ。
それをみかに言うと、「そっか~」の一言。
正直泣いてくれるかとか考えていましたが意外にあっさり。私の思い込みだったのかととても恥ずかしかったです。
その日は自分の家に戻ると帰ったみかからメールがきました
「ほんとにかえるの?」
「うん。みかには着いてきてほしい。」
「本気?」
「ほんき」
その時期妻とも全くうまくいっておらず離婚がほぼ決定していたので、本気でみかについてきて欲しかったんです。
そこからすぐ私の家へとやってきました。
激しく私を求め、今までにないほど淫らになるみか。一晩中みかを抱いていました。
次の日目を覚ますとみかの姿はありませんでした。
電話にも出てくれず音信不通。心配しみかの自宅も訪れましたがもぬけの殻でした。
本社へ帰る当日。みかからメールが来ました。「ごめんね。頑張るね」
その一言。すぐ電話をしましたがやはり出てくれず「本気で愛していたよ」この言葉だけメールで送りました。
そこから数年。妻とも離婚し、2年前に再婚をしました。
幸せな毎日を送っていますが、どうしてもみかのことが忘れられません…